ブログ

2021年11月25日

紅白歌合戦  今昔  雑感

投稿者 : rfuruya

★ 今年の紅白は「2年ぶりで有観客で・・」というニュースが流れた。
 昨年の紅白が「無観客で行われた」ということも全然知らなかった。
 全く関心などなくなってしまっているのである。
 紅白歌合戦は、私が高校生の頃に始まった。
 戦後と言われた時期が何となく終わって、
 日本社会の中にようやく「娯楽ムード」が現れ始めた頃だったと思う。
 紅白歌合戦は1951年にラジオでスタートし、
 テレビ放送が始まったのは、第4回の1953年からだとか。
 第3回までは新年が明けてからの放送で、
 1953年の第4回からはいよいよ大晦日の放送になり、テレビ放映がスタートしたとある。
これが第4回の紅白歌合戦、テレビで放映された最初の紅白なのである。
まだ一般家庭にはテレビなどもない時代だったが、
歌声喫茶」などもあって、喫茶店などにテレビを観に行ってたころである。
当時の「流行歌」は娯楽の中心であったのかも知れない。
 その時の、紅白出場歌手とその曲目だが、
 歌手も曲目も殆ど想いだすし、歌える曲が殆どなのである。
  
かってあれほど日本国中が沸いた紅白歌合戦も今は全然様変わりのようである。
 その視聴率の推移をみると
 
一時大晦日はどの家庭も『紅白歌合戦』で、大晦日の民放は、半ば諦めていた時代もあったし、
歌手たちも紅白に登場することが「一流」の証明でもあったのだが、
昨今は全然「様変わり」のようでらる。
★ 今年の紅白の出場歌手を調べてみたら
紅組」で名前の解るのは4人だけだし、
  
 「白組」に至っては、歌手として解るのは2人だけで、
 福山雅治が歌手だとは解らなかったのである。
  
 最初の紅白を見て、テレビ時代を紅白と共に過ごした世代としては、
 ここでも『昭和は遠くなったな』と思うのである。
 「昭和」は兎も角、世は「平成」を終わって
 「令和」の時代なのである。
 多分、今どきの若い人たちは
 私が若いころに「浪曲」を「なんだこれは?」と思ったと同じように、
 「昭和の歌謡曲」を見ているのではなかろうか?
 最近放送される「歌番組」で「昭和の演歌」を聞いてみると
 全く「違った曲」のような歌いぶりなのである。
 まあ、時代はどんどん新しくなっていくのである。
2021年11月24日

私のアーカイブス・定年後  その3

投稿者 : rfuruya

★2001年が定年後3年目なのだが、68歳でもう60歳台も最後の2年間である。

北海道川重建機の顧問期間も5月末で終わって、
6月からは「年金」だけの「定年後の生活」が始まっている。
7月8日に突然娘婿の門野匡秀がやってきて「パソコンを買ってくれ」というのである。
何か会社で一括して買ったようだが余ったのでということだったと思う。
富士通のパソコンだったのだが、どんな形だったのかも定かには覚えていない。価格は18万円だったのだが、安かったのかどうかもよく解らない。
それまではパソコンなど全く「無縁の存在」だったのである。
パソコンも携帯電話も普通に使われていた時代なのだが、
私は現役時代は一切関係なく過ごしてきたので、これがパソコンとの全く初めての出会いだったのである。
パソコンに堪能な方と二人でやってきて、セッテングなど全部してくれたのである。
Nifty が何なのか、未だによく解らないが、
ユーザー名もメールアドレスもその時設定してくれたままで、
私のメールアドレスは「・・・・nifty.com」なのである。
パスワードは結構ムツカシイのだが、その時その方が作ってくれたものを今でもそのまま使っている。
 どんなパソコンだったのかも記憶にないのだが、
 1998年代のパソコンの写真はこんな感じなので、
 この写真の左のものに近かったのではと思っている。
 そんなことから、突然私の「パソコン生活」が始まるのだが、
 独学で、本など買ってきて結構一生懸命勉強していて、
 「パソコン漬け」の生活が始まっているのである。
 1か月後の日記には「パソコンだんだん解ってきた」とあるし、
 10月にはExciteの表も作っているが、今はそんな表は作ることもないので、
 その作り方などはすっかり忘れてしまっている。
 然し、このパソコンの出現はその後の私の生活の基盤になっていて、
 若し、あの時娘婿がパソコンを持ってこなかったら、多分自分でパソコンなどの世界には入っていなかっただろうと思うし、
 そういう意味では娘婿に感謝なのである。
 だからこの時期の最大の話題は「パソコン」なのである。
★2001年には「アメリカ同時多発テロ事件」が発生している。
 それはこの年の9月11日のことなのである。
 
 これは今でも鮮明に覚えている。
    そんな大事件のあった年ではあるが、
 私の当時の生活はまことにのんびりしていて、
 水泳に行ったり、犬の散歩をしたり、庭木の剪定など静かに始まっている。
 なぜか鋏を使うのは好きで、庭木の剪定などは自分でやろうと思っていた。
 だから、将来高い梯子に上らなくても剪定ができるようにと、
 立派な背の高い木の天を思い切って切ってしまったりしているのである。
 このあたりが私らしくて、「思ったらすぐ実行」なのだが、
 今思うと「よく思い切って切ったな」と思う。
 背が高く立派に育っていたのだが、その3分の1ほどを切ってしまったのである。
 そんな判断のお陰で、それから約20年経って今はこんな状態で
 何とか「見られる」ようにはなっているし、
 高い梯子に上らなくても剪定ができるので「正解だった」と思っている。
 尤も、プロに頼んで剪定をしてもらえば、庭の木はもっと立派に育ったのだろうが、
 それでは自分でする「選定の楽しみ」がなくなるので、
 どちらがいいのかは、大げさに言えば「生き方の問題」だろう。
 
 高い梯子は必要ないので、88歳の今も庭木の剪定は大丈夫なのである。
★家もずっと永年手入れもせずに放っておいたので、トイレも直したし、床の張替えなどもやって何とかきれいになったのである。
台所のキッチンユニットなども100万円の単位の出費ではあったが、
思い切って新調しているのである。
そんな「今後の新い生活への備え」みたいなものをやった年だったのかも知れないが、
まだ現役時代の最後のほうの、子供たちへの出費もなくなって「裕福な時代」の生活態度が抜け切れてなくて、
 今思うと「結構な出費」をあまり気にせずにやっている。
大したものではないが玄関にこんな椅子を買ったのもこの時期で、
何度か塗装をやり替えたが、もう20年も経っているのである。
 
 なんでも「欲しいものはすぐ買った」そんな時代だったようである。
 それから20年も経った昨今は、全く生活態度が変わってしまって、
 「大きな出費など全くしない生活」が続いている。
 不思議なほど「何も欲しくないのである」のである。
 こんなのが所謂「老後の生活」で、
 まだこの時代は「老後の生活の準備」の時代だったのかも知れない。
★この当時は娘の家族もまだ西神にいて、
 孫たち3人がまだ小さかったので、結構いろいろと「遊んでやっている
 水泳は殆ど孫たちと一緒だったし、
 いまよく散歩に行く三木山森林公園に虫取りの付き合いなどしたのもこの頃である。
 1月には74キロだった体重が80キロに増えてしまった年でもある。
 まだ整形外科のお世話にもなっているのだが、
 ゴルフはまだ40台の前半で回れている、そんな60歳台の終わりの2年間である。
2021年11月23日

コロナ新感染者全国で50人・もう終わった?

投稿者 : rfuruya
★「私の生き方・考え方&意見」というカテゴリーで書いている。
 昨日の全国コロナの新感染者は50人。
 こんなレベルになると、「もうコロナは終わった」と言ってもいいような気がする。
 全国で33県がゼロ人なのである。
 
 誰もあんまり言わないが、
 私は「菅総理のワクチン接種方針」が正解だったと思っている。
 徹底的な「ワクチン接種」が機能して、こんな数値になったのだと思う。
  
 所謂、専門家先生方は兎に角「ムツカシイこと」ばかりを仰るが、
 全国で50人という数値は、ゼロに等しいのではなかろうか?
 マスコミも煽ることばかりだが、
 ずっと、ずっと以前から、
 世界の先進国の中で、日本のコロナ感染者数は桁が全然違っていて、
 「コロナ対策の失敗」などなかったのでは?と思ったりしたのだが、
 マスコミの論調は「コロナ対策の失敗」と煽ったようなところがある。
 確かに、世界全体ではまだまだ終わっていないのだとは思うが、
 日本の場合はよほど間違いを起こさない限り「大丈夫」なのではないかと思うのだが、
 専門家先生などは危ない危ないと仰るのである。
 「よほどテレビの出演料」が欲しいのかなと思ったりする。
 コロナに限らず、世の中の「カシコイ」とかエリートと言われる人達は
 「危ない」「問題だ」などと悲観的なことばかり仰るのである。
 そんなことを言うばかりで、具体的な対策は示さない。
 そんな「エリート」と言われる人たちはどうも好きになれない。
 私自身はまさに「太平楽」で「超楽観的な性格」で
 世の中に「大変なこと」はあまりというか、殆どないと思って生きてきた。
 別に「大した事」もしなかったが、対処した事柄は殆どいい結果に終わったのである。
★ 私の88年の人生で「大変だ」と思ったのは「昭和20年の終戦の時」だけである。
 確かに、あの8月15日を境に世の中は一変したのである。
 それに比べたら「コロナ」などそんなに大したことではないのではなかろうか?
大変だ」と悲観的に言ったら賢く見えて、
大丈夫」と楽観的に言ったらバカにする。
 そんな発想は、もういい加減にやめて欲しいのだが、ダメかな?
2021年11月22日

大谷ボブルヘッド人形     雑感

投稿者 : rfuruya
★ こんな「大谷翔平ボブルヘッド人形」があるのをご存じだろうか?
 実はこの二つの人形は我が家にあるものなのである。
 連日「大谷人気」で盛り上がっていて、
 世の中はこんなに沢山の「大谷グッズ」が存在しているようだが、
 
 そんな中の一つに「大谷ボブルヘッド人形」もあって、
 結構な人気のようで、検索するとこんなに沢山の人形が並ぶし、
 それがどれも結構高価なのである。
  
 そんな中の一つに「JAEの大谷人形」もあるのだが
 それは59、820円とべらぼーに高価なのに驚いたのである。
 前述したように、この大谷ボブルヘッド人形は二つとも我が家にあって、
 このように飾られているのだが、
 こんなに高価なものだとは実は今日まで知らなかったのである。
 
ボブルヘッド」とは何かなと改めて調べてみたら、ヘッドが回ることのようで、
そのことも初めて知ったし、触ってみると確かに首が回るのである。
 59,820円が二つもあるから10万円以上の値打ちなのにはほんとにびっくりなのである。
★ JAEという会社は「日本航空電子」というのだが、
 そのアメリカ支社が大谷翔平が所属するエンゼルスのスポンサーをしていて
 こんな広告がテレビに映るのをご覧になった方も多いと思う。
 
 そのJAEのアメリカ支社娘婿が勤めている関係で、
 何年か前にアメリカに遊びに行ってた時にエンゼルス球場にご招待いただいて、
  
 大谷翔平をナマで見たし、確かその時に人形の一つを頂いたのである。
  
★そして、これは今年の4月のことなのだが、
大谷翔平日米通算100号ホーマーの記念」にと
 我が家にこんな『SHOHEI OHTANI 人形』が届いたのである。
 通算100号、今年の22号ホームランと記されている。
   
 突然のことでびっくりしたが、JAEの顧問の方がわざわざお送り頂いたのである。
 JAE・日本航空電子は川崎重工業ともいろいろ関係があって、
 元、川重社長の田崎雅元さんとJAEの方が懇意になさっていて、
 私のことや娘婿のことが話題になったことがあったとか。
 そんなことで届いた「大谷人形」なのだが、
 今回の「大谷翔平MVP」で、こんな高価格になったのだろうか?
 JAEさんにはエンゼルス球場のこんな特等席で野球を観戦させていただいたし、
 
 こんな「大谷翔平ボブルヘッド人形」も頂いて、
 まさに「感謝・感謝」なのである。
 末永く大事にしたいと思っている。
    こんな「大谷翔平人形」を毎日見つめながら、
 私も野球一途に明け暮れた青春時代を思い出し、
 残りの人生を頑張って、走り続けたいものだと改めて想っているのである。
2021年11月21日

最近のネットのニュース

投稿者 : rfuruya
★最近は「ネットのニュース」ばかりでさっぱり新聞を読まなくなった。
 「ネットのニュース」は早いけど、新聞になると1日遅れで旧聞に近いからでもある。
 特に最近人気の女子ゴルフなどはその途中経過なども報じられる。
 昨日など「女子プロゴルフツアー 大王製紙エリエールレディス 第3日」の様子はなぜかテレビはなかったのだが、ネットではこのように流れた。
賞金ランク1位の稲見萌寧、渋野日向子、西郷真央の注目組が前半9ホールを終了し、ともに7アンダー
4ホールを終えた三ケ島かなが13アンダーで単独首位。3つ伸ばした原英莉花が1打差の12アンダーの2位で続き、柏原明日架が11アンダーの3位につける。
賞金ランク2位の古江彩佳は10番から出て前半にスコアを5つ伸ばし、7アンダーの6位に順位を上げている。」
 と報道されてこんな写真が載っている。
★人気の女子ゴルファー「渋野日向子」には「渋野日向子速報」という項目があって、
 いつのゴルフでもそのスタートからスコアを追っかけている。
 昨日は前半は確かに7アンダーなのだが、
 後半一つ落として最終日の今朝は、6アンダーでスタートである。
 このニュースが報じられたのは昨日の14時5分だから、即刻報じられていると思っていい。
★さらに詳しいこんな1ホールごとの写真も写されていて、
これは18番なのだが、
 1番ホールからすべてのホールの写真が載っている。
 写した人の名前も載っていて、同じ方だから朝からずっと渋野日向子を追っかけていることになる。
  
 こんな人気選手などの情報は渋野日向子に限らず、
 阪神タイガースでも大相撲でもみんな速報がある。
 そのスピードはとても新聞などでは追っかけられない。
 まさにニュースの世界なのである。
2021年11月20日

大谷翔平の「南部の国の人の良さ」    雑感

投稿者 : rfuruya

大谷翔平が大リーグのアメリカンリーグのMVPを満票で獲得した。

 昨日はどのテレビも「大谷翔平」ばかりだった。
  
 野球の本場アメリカ大リーグでのMVPである。
 選手間投票による年間最優秀選手
 7年ぶりの選出となったコミッショナー表彰
 米誌「ベースボール・アメリカ」の年間最優秀選手
 米メディア「スポーティング・ニュース」の年間最優秀選手
 などなど、それぞれ選出されて、今オフはこれで“8冠”となったという。
 さらにはギネス世界記録にも次の二つで認定されたとか。
 その1つは「投手として100投球回、100奪三振をマークし打者として安打、打点、得点で100超えをマークした初の選手
 もう1つが「オールスター戦で投打の二刀流で先発出場した初の選手」としてということのようである。
★これは凄いことである。
 今後、大谷翔平はどんな選手になっていくのだろうか?
 よくベーブルースと比較されるが、既にベーブルースを超えているように思う。
 そんな大選手に、既になっているのに「あの謙虚さ」がいいし、
 目標を一筋に追い続け、「お金」などには拘らない「純粋さ」みたいなのがいい。
 「大谷翔平」は岩手県かっての水沢(今の奥州)の出身だという。
  岩手県は東西100キロ、南北200キロの広さだが、
  200キロと言えば神戸から名古屋まで
  そこには兵庫・大阪・京都・滋賀・愛知の5県があるので、
  その広さはお分かり頂けると思う。
  ただ、県の人口は120万人という、「まさに田舎大県」なのである。
 
 私は若いころ東北6県を担当していたのだが、
 当時の「実用車時代のカワサキ」では
 岩手県が毎年最大の販売台数を上げて「金賞」に輝き続けたのである。
 「田舎なれども南部の国はよ 西も東も金の山」と唄われる
 「南部牛追い唄」の岩手県の人たちは
  幾らトップに立ち続けても、
  純粋に素朴で実直で、威張ったりはしないのである。
  そんな南部の国の人たちに、私は自然な愛着を持っていて
  「岩手県」は日本で一番好きな県かも知れないのだが、
  「岩手出身の大谷翔平」にこの「南部の国」の人たちの伝統を感じるのである。
★ 大谷が育った「花巻東」はまさに「南部の国」なのである。
   
  高校生時代に160キロを記録し、
  卒業時に大リーグを目指していたのを
  日ハムが独り指名をしてからの経緯やその後の大谷を見ても、
  人生に対して非常に素直だし、
  ただひたすら目標に向かって前進し
  何よりも「お金に拘らない」ところがいい。
  そんな岩手の人南部の人らしい「大谷翔平の良さ」に
  日本人だけでなく、アメリカの人たちも自然に惹かれるのだと思う。
★ いろんな野球の先人たちに、いろいろと言われた大谷だが、
  既にその人たちの一歩上に位置するところに来たのだと思う。
  これからも岩手県人・南部の国の人の良さを受け継いで
  さらに前進を続ける「大谷翔平」を来シーズンも見たいものだと思っている。
  まさにそれは「前人未踏の世界」なのだと思うのである。
2021年11月19日

私のアーカイブス・定年後  その2

投稿者 : rfuruya

★1999年の6月まで札幌の北海道川重建機の社長を務めていたが、
 お約束通り2年間でその職を辞して三木に戻ってきた。
 そんなことでこの年の6月以降が私の定年以降の生活が始まったのである。
 これは娘のほうの次男・門野真也今はサッカーのプロ選手だが、
 まだこんなに小さかったし、家には柴犬トム・ラブがいて、
 犬の散歩が日課の一つであった。
   振り返ってみると我が家にはずっと犬がいたのだが、
 2匹いたのはこのトムとラブの時代だけである。
 
 それ以前には、近所に捨てられていた子犬を娘と私が拾ってきて、
 可愛がっていたのだが、ある日突然車にひかれて死んでしまったのである。
 これがそのコロである。
 これがそのコロだが、犬も若いが娘も若い。確かまだ大学生のころである。
 
 ちょうど娘の長男・門野力也が生まれた直後のことで、
 娘が悲しむものだから、産後に悪いとまずラブを買ってきたのである。
 その3日後ぐらいに、西神のそごうの犬の売り場にトムがいて可愛いいと思って、
 私が衝動買いしてきたものだから、つがいの柴犬がいたのである。
 何年かのちこんなかわいい子犬も産まれたのだが、
   これは流石に飼えなくて知人に差し上げたりしたのだが、
 血統証をつけるのに8万円ほどかかってびっくりした。
 
そんなことで、このトム・ラブは孫・力也と同い年で15年ほどいたのだが、
この頃は8歳ぐらいのころである。
 札幌に2年間いっていた時に三木に戻ってきたときの喜びようは、めちゃ可愛かったのである。
 そんなことで定年後の生活の中で「トム・ラブ」は結構大きなウエイトを占めていた。
★ このまさに定年後の始まりの時期は、私もまだ66歳で、20年以上も前のことなのだが、日記を読み返してみると
 体重は75kgで、今の体重の83kgより8kgも軽いのだが、
 運動不足で足腰が痛くて、整形外科にずっと通っている。
 整形外科の先生に「時間が出来たのだから、ストレッチでもされたほうがいい。筋肉は何歳になっても付きますよ。」
と言われてストレッチを始めたのが2000年の2月67のころである。
 毎朝の「ストレッチ」は今も続いていて、22年続いていることになる。
 お陰様で、現在は体も柔らかいし筋肉も結構ついているのだが、
 この時期はストレッチの効果はすぐには現れずに、その後も3年ほどはずっと整形外科にも通っているのだが、
 いつの間にか日記に「整形外科」が出てこなくなって、それ以来筋肉が張ることはあるのだが、ひざや腰痛とは無縁の状態が続いている。
 「ストレッチ」が効いているのだと思う。
★ 定年後と言っても、2年間は顧問料を頂いていたので、
 経済的にはこの頃が一番余裕があったのだろう。
 何にもしなくても毎月結構な額が入ってくるのである。
 そんなことで2000年にはBMWの新車を買ったりしているし、
 家内とも国内だがあちこち小旅行を楽しんでいる。
 それ以前から、私は魚が好きで、庭に池を造って鯉を買っていたのだが、
 札幌から戻って、さらに鯉に凝っている。
 日記に「鯉2匹5万円」などの記述がある。
 池にかけた費用も結構な額だったし、水を循環するポンプの電気料だけでも
 相当な額で、電気代の集金に来るおばさんがいつもびっくりしていたのである。
 
                    
 そんな鯉も2008年までいたのだが、
 この年に「鯉ヘルプス」に罹って全滅してしまったので、
 そこで諦めて池も埋めてしまったし、きれいさっぱり「」とは惜別したのである。
 
 池を埋めてしまった直後の庭はまさに埋めてしまったのだが、
 今はこんな形になっている。
 こんな庭の様子の変遷を見ても、生活の様変わりがよく解る。
 今でも魚は好きなので、小さな池に金魚やメダカを飼っているが、
 その出費額は鯉の時代と比べると「カワイイ」ものである。
 そんなことで、私の定年後の2年間は結構豊かな生活から始まっているのである。
★ そのころから20年以上も経って、今は88歳ということもあるのだが、
 コロナということもあって、私は殆ど金など使わない。
 毎月出ていく現金は、ジム代1000円と金魚の餌代、たまに植木を買ったりするぐらいなのだが、
 今月は、今年はじめてのゴルフもしたし、新しいパソコンも買ったので、
 結構な出費だった。
 よく考えてみるとそのほかにも毎月車のガソリン代や、ネット関連の支出もあるのだが、それらは自動引き去りされるものだから、
 「自分で使った」という意識がないのである。
 然し定額の年金の中で賄えているので、年金生活は悪くはないのである。
そんな「年金」だけの「年金生活」は2001年68歳から始まったのである。
2021年11月18日

カワサキZ1/Z2が「日本自動車殿堂の歴史遺産車に認定」

投稿者 : rfuruya

★カワサキZ1/Z2が「日本自動車殿堂の歴史遺産車に認定」されたという嬉しいニュースが流れた。
 昭和47年(1972)に発売され、来年は記念すべき50周年を迎えるのだが、50年経った今もなお多くのバイクファンに愛され、走り続けている名車である。
「大排気量のスーパースポーツバイクとして開発され、海外市場で高く評価され、日本仕様のZ2と合わせて空前の販売台数を記録し、カワサキのブランド構築の源流となる歴史的名車である」
ことがその選考理由となっている。
この10月1日に新しくスタートしたカワサキモータースの代表取締役社長の伊藤浩さん(写真左)が、表彰式に出席し、
「Z1は1972年に製造を開始し、来年には50周年の節目の年を迎えたいま、素晴らしい賞を頂けたことをこのうえなく誇りに思います」とコメントしている。
★このZ1が開発された時代は、カワサキが二輪車生産を開始した昭和35年(1970)からほぼ10年を経過し、
 新しくアメリカ市場への進出が250A1やマッハⅢのスポーツ車によりようやく軌道に乗り始めた時期で、
 このZ1によりアメリカ市場で確固たる地位を築き得た車なのである。
 その開発責任者は大槻幸雄さんなのだが
「Z1の開発計画書には手書きで“能世界一”」と大槻さんらしい「思いがこもった一節」が書かれてあったという。
その大槻さんは、2019年に自動車殿堂入りされているし、
当時のアメリカのKMCは、同じく2014年に自動車殿堂入りされた濱脇洋二さんで、日本の開発本部の大槻さんとの二人三脚での開発だったのである。
 大槻幸雄さんは1966年、初めての富士スピードウエイでの日本GP までは、カワサキのレース監督をされていて、
私はチームのマネージャーをしていたのだが、この年のレースを最後に技術本部の市販車開発分野に戻られたのである。
 私もこの年でレースから離れ、東北6県の営業担当となるのだが、
 1967年の春に東北の代理店会議に来られた大槻さんが私に、「世界一のバイクを創る」と言われたのだが、
 この時大槻さんのアタマにあったのが「Z1」だったことは間違いないのである。
 その開発当初は750ccで開発されていたのだが、
 1969年にホンダがCB750FOURを発売したので、急遽900ccに変更され、あくまでも「世界一」を目指されたのだと思うが、
 国内市場は750ccまでという規制があったので、国内市場のみ「750Z2」ということになったのである。
 当時私は大阪市場を担当していて、業界に先駆けて「二輪車専門販売網=カワサキ特約店制度」を推進していたのだが、
 この「特約店制度」がスムースに軌道に乗ったのも「750Z2」があったからだとも言えるのである。
 今回新しくスタートした新会社カワサキモータースのミッションは、
 Kawasaki.Let the good times roll なのだが、
 このフレーズも、Z1発表1年後の米国で使われ始めたものなのである。
 このミッションも20年ほどの空間があったのだが、1990年代に国内市場で復活し、
 今回改めて「新会社カワサキモータース」のミッションとされたことは、
 50年ほど前の「カワサキのZ時代の企業風土」が今に生きているということなのである。
★これはごく最近、11月10日に開催された大槻幸雄さんが会長を務められる「Z1会」の写真である。
 「第78回」とあるように延々と続いているコンペで、92歳の大槻幸雄さんはまだ現役でプレされている。
 濱脇洋二さんも、エンジン担当の稲村さんもデザイン担当の多田さんもかってはプレーされていたのである。
 この「Z1会」はスタートは技術部のメンバーだけであったのだが、
 製造部も営業関係もレースライダー諸君もさらにはZ1ファンたちもメンバーに加わって、このように盛大に行われているのである。
 
 これはこのコンペの表彰式での大槻幸雄会長である。
 今年はコロナでこの1回だけだったが、
 来年は通常に戻って「年4回」のコンペになることを願っているのである。
  
 78回も続いているコンペなのだが、
 私はその第11回に優勝させて頂いて、家にはこんな盾が残っている
 いろんな意味で、私にとってもいろいろと想い出多いZ1なのである。
 そのZ1/Z2が 日本自動車殿堂の歴史遺産車に認定されたことは、
 本当におめでたい喜ばしい出来事なのである。
2021年11月17日

松本新さんのこと

投稿者 : rfuruya

★ 「当社元副社長・松本 新 あらた 様(享年92歳)におかれ ましては11月7日にご逝去されました。 ここに謹んでお知らせいたします。」
という訃報が届いた。
本当にお世話になった松本新さんだっただけに、
一度改めて当時のお礼をと思っていたのだが、その機会もなく逝ってしまわれたのである。
 KMCの経営危機で当時の単車事業本部は勿論、本体の川崎重工業まで、その影響で無配になってしまった当時、
 松本新さんは本社の財務担当常務だったのである。
 川重本社はこのKMC対策のために2年間で500億円の資金を投入し、
 その再建にあたったのだが、本社でその先頭に立たれたのが松本新さんなのである。
 松本さんは第一勧銀から川重に来られたのだが、単車事業に非常に強い関心と愛情を持たれていて、
 いろんな面で援けて頂いたのだが、当時単車に関わられたのは、財務対策・資金調達の面だったので、表に出ることは少なかったので、
 当時の事業本部の殆どの方は松本さんのことはご存じないのだと思うのである。
 若しあの当時、本社の財務対策がなかったら「カワサキの二輪事業は終わってしまっていた」であろう、それほどの経営危機だったのである。
 当時は大庭浩本部長・高橋鐵郎副本部長の時代で私は企画室長だったので、
 松本さんと直接関係があった窓口を務めたのである。
 手元に田崎さんが送ってくれたこんな写真があるが、
 一番右が松本新さんである。
 真ん中が高橋鐵郎さん、左は当時のKMC社長の田崎雅元さんである。
 
★ 当時の川崎重工業の取締役会では「KMC報告」なるものが
 毎月議題にあり、その報告者は大庭本部長ではなく「松本常務」だったのである。
 それは財務本部が500億円もの資金を投入した先のKMCの経営状況経過を毎月の取締役会に定例的に報告されるほど、
KMCの経営健全化」は川重本体にとっても大きな課題だったのである。
 この毎月の「KMCの経営報告」はKMCから企画室に送らた資料を
 私が川重取締役会用に纏めて、松本さんに報告しそれを松本さんが財務担当報告者として取締役会に報告されていたのである。
 私はそんな担当をしていたので取締役会にも陪席していたし、
 松本新さんとは親しくお話する機会も多かったのだが、
 絶大の信頼を頂いて、いろんな面でお世話になったのである。
★こんな経営健全化を進めている時期に、KMCの4か所にも分散していた社屋を本社を売却することで1か所に統合しようという案を提出した時には、
 「赤字会社が」と監査役が反対されて、松本さんも立場上最初は反対されたのだが、
 その内容をつぶさに説明すると理解を示されて、こんな立派なKMC社屋が建ったのである。
 それは今のIrvine がまだ開拓途上のころでサンタナの本社を売却することで
 こんな広大な土地が買えたのである。
 これは工場などではなくて「事務所」なのである。
 日本では考えられないような広さだが、
 土地はサンタナの本社売却代で買えたし、本社建築費は18億円でできたのである。
  
 たまたまNinja 900などの新車も出たし、
 ジェットスキーの急激な拡販などもあって、
 KMCの経営健全化は順調に進み、カワサキの二輪事業も安定期に入って行くのである。
 そんな一番のきっかけは何と言っても本社財務の500億円の資金投入であったことは間違いなく、
 その大きな決断をされた「松本新さん」には、本当に感謝なのである。
 92歳のご高齢であったので、
 天寿を全うされたというべきであろうが、
 ここに改めて感謝の念を表したいと思うのである。
 有難うございました。安らかにお眠りください。
2021年11月16日

いつまで続くのだろう?

投稿者 : rfuruya

★   最近は「毎日1万歩」を目標というか目途にしているのだが、
 なんとかそれくらいはスロー・ジョッギングが出来ている。
 歩数にして1万歩は大体7kmぐらいで、途中で休んだりもするので大体時間半は掛かる。
 今朝も1万歩を目途に三木総合防災公園に行ってきた。
 Fitbitをつけてるのであちこちと毎日コースを変えても大丈夫なのである。
 11月になっての歩数はこんなところで、
   歩数の少ない日は、雨かジムに行って筋トレをやってるのである。
 一言でいえば「至って元気な88歳」なのである。
       
★ 公園やジムまでは車で行くので、
 街の中を歩いたり、走ったりはしない。
 こんないい環境の、空気のいいところでやってるので、
 こんないい環境があることも、あと押しになっていることは間違いない。
  
★ あとはパソコンに向かって毎日のブログを発信したり、
 Facebook のコメントに返事をしたりしていると、
 何となく午前中は過ぎてしまうのでのである。
 午後はブログを書いたり、パソコンでニュース検索をしたり、
 昼寝も大体1時間ぐらいする日も多いので、退屈などせずに大体過ぎてしまう。
 今週からは大相撲の九州場所が始まったので、夕方は相撲を観ている。
 夜は、興味のある番組があるとテレビも見るのだが、
 最近は「お笑い番組」など全然興味がなくなってしまった。
 時間があればパソコンで「パンダ碁」を打つので全く退屈な時間などはないのである。
★ コロナ禍でも、こんな退屈しない毎日が続いているのだが、
  最近思うようになったのは、
 「こんな生活がいつまで続くのだろうか?」ということである。
 88歳だが、確かに結構元気なのだが、
 家内が「私はだんだん弱って死んでいくが、あなたは死ぬとしたら突然死ぬだろう」と言うのである
 実は、2度死にかけた前科があるので、それは否定できないのである。
 1回目は札幌の2年目で、駐車違反をして車をレッカーで持っていかれてしまって、
 警察署の本署で「駐車違反はしたが、なぜレッカーで車を持って行ったの」と文句を言ってたらだんだん頭に血が上って「くも膜下」で意識を失ってしまったのである。
 「頭に血が上る」というがほんとに血が上ってくる。
 胸を過ぎて喉元あたりまでは覚えているが、そこから失神してしまった。
 皆さんも「頭に血が上る」ほど怒らないようにされたほうがいい。
 この時は倒れた場所が警察の本署だったので10分後には脳外科専門のこんないい病院にいたのである。
 「中村記念病院」は日本で最初の「脳外科専門病院」で
 この病院すべてが「脳外科」だけの「専門医が30人」もいるまさに専門病院なのである。
  
その時の先生曰く「脳の病気はすぐ治療すると大したことにはならない」と仰るのである。
 田中角栄さんも、小渕さんも、長嶋茂雄も病院に来るまでに「時間が経ち過ぎている」と仰るのである。
 確かに私は1か月半は入院したが、特に手術などせずに治ってしまったのである。
 非常にムツカシイところが切れたので、「手術をしない」ことは会議で決めたと仰るのである。もし手術をしてたら、どんな結果になっていたのかは解らない。
 これが一度目だが、2度目は一昨年の夏、風呂に長く入っていたら、いつの間にか湯船の中で失神していたのである。
 その時は、アメリカから娘と孫が来ていて、湯船から引き揚げてくれて、
 救急車が来た時にはちゃんと意識はあって、一応は病院までは行ったがすぐ戻ってきたのである。
 そんなことで「突然死にかけた前科」があるのだが「運がいい」のだと思う。もし手術などしていたら、今のように元気にはなっていないかも知れない。
 単身赴任であった札幌で「くも膜下」で倒れたりしたら危なかったし、
 二度目の風呂の時も、アメリカから娘と孫が来てたのでよかったのである。
 二度「失神」を経験したが、これはホントに何にも解らない世界である。
 ひょっとしたら「」とはあんな状態かもしれない。
★何か訳の分からぬことを書いているが、
 実際にそんな風にいろいろ思うようになった昨今なのである。
 今の生活に不満があるわけではない。
 家内も84歳になって、昔のように水泳に行ったりする元気はないのだが、
 何とか家事一切、私は家のことは何にもしない何十年続いた生活の通りなのである。
 毎日着る服もすべて家内任せで、ちゃんと揃えて出してくれるものを着ているだけだし、食事の手伝いなども一切しない。
 洗濯物を2階に持っていくことだけが、家の中で私がしている唯一の仕事なのである。
 でもこんな生活は、よく続いてあと5年かなと思っている。
 私はあと5年は大丈夫だとは思うが、突然3度目の失神があるかも知れぬし、
 5年経ったら家内も89歳なのである。
 そんな5年先ではなくて、あと1年半で90歳なのだが、
 もし90歳になったらどんな風に考えるようになるのだろう?
 ほんとに今の生活が「いつまで続くのだろう?」と思う昨今なのである。

団体会員プロジェクト

  • World Good Riders Association
  • 燦々sunsun
  • 孫文を語る会
  • 二輪文化を伝える会
  • KAWASAKI Z1 FAN CLUB
  • シーズカンパニー「リモア友の会」
  • e-音楽@みき
  • ベストコレクター友の会
  • カワサキZの源流と軌跡 - 三樹書房

団体会員リンク

  • ボランタリー活動プラザみき
  • e-音楽@みき
  • 緑が丘子ども会
  • グリーンピア三木
  • 神戸市立フルーツ・フラワーパーク
  • ホシノインパル
  • 船場
  • SEAZ COMPANY
  • カワサキマイスター
  • JSP明石
  • インターナショナルトレーディングムラシマ
  • スポーツイン
  • 忍者
  • 紙の単車屋
  • ハルタ
  • YRS 山本レーシングサービス
  • 株式会社 武雄タクシー
  • 月木レーシング
  • ノヴァエネルギー
  • インナー通販.com
  • ライオン屋本店
  • 三木さんさんまつり
  • 三木セブンハンドレッド倶楽部
  • ベストコレクター
  • エクステリア風雅舎
  • cafe' かのん
  • 【光削】AIネットワーク
  • 三木アネックスパーク
  • バイクショップTODA
  • TRカンパニー
  • バニービーチ
  • モトビークル-松島企画
  • オレンジワークス
  • 吉野歯科診療所
  • SUZUKI design - DENICO
  • 山本医院
  • 仔猿-CKデザイン
  • スクーテックジャパン株式会社
  • 株式会社北海製作所
  • リアライゼイション
  • 兵庫メグロ販売株式会社
  • 伽耶院
  • 株式会社キッズ
  • はっぴいえんどプロジェクト
  • 有限会社橋本漆芸
  • TONE BLUE
  • プロショップKIYO
  • ホーリーエクイップ
  • 株式会社零カスタム
  • フォレスト・ホームズ
  • いとうともひさ
  • DANTHREE
  • 放射能ウオッチャー
  • メディアゼロ:カスタムインフェクション
  • Miyako Hybrid Hotel
  • 有限会社 小金井美装
  • WITH ME PROFESSIONAL RACING
  • 孫文を語る会
  • SSS進学教室 緑が丘教室
  • MJP株式会社
  • モトショップシロタ
  • SR400 500 SNS
  • 池田うららプロジェクト
  • 公共の交通ラクダ(RACDA)
  • 二輪文化を伝える会
  • NPO法人発達障害をもつ大人の会
  • 菊水鮓西店
  • きっとウマくいく輪
  • O's Organizational Synergy
  • 72.姫路カワサキ
  • 73.菊澤デザイン事務所
  • カワサキZの源流と軌跡 - 三樹書房
  • ヤマダホーム有限会社
  • うはら特許事務所
  • テラモーターズ
  • AT HOUSE, Inc
  • World Good Riders Association
  • LIME GREEN FAN CLUB
  • 株式会社モリワキエンジニアリング
  • 燦々
  • キッズサポートクラブ
  • 仮面舞踏会
  • 山百合サポートセンター
  • KSSR 神戸スーパースポーツレーシング
  • 神姫興業株式会社
  • 浅間 RIDERS CLUB
  • 弦 Gen Hair Works

リンクはご自由にどうぞ。このリンクバナーをご利用下さい。
ザ グッドタイムス