一般情報、ニュース、お知らせ

2023年1月9日

大谷翔平が我が家にやって来た

投稿者 : rfuruya
★ いま人気絶頂の「大谷翔平」が今年も我が家にやって来た。
  手前の人形はエンゼルスのスポンサー企業JAEが毎年一つづつ
  造ったものだが、
  
 後ろにあるこんな絵は、エンゼルス自体が今年作って、
 スポンサー企業などに配ったという貴重品である。
 
 こんなお菓子入れの袋なども付いて、
 今年も我が家にやって来た。
 
 ちょっと簡単には手に入らない貴重品である。
★ いまアメリカから我が家に遊びに来ている孫のお父さん、
 娘婿の門野匡秀さんはエンゼルスのスポンサー企業のJAEにお務めだが、
 たまたまの出張で日本に来てるので、この休みに関西まで足を延ばして
 我が家まで届けて頂いたのである。
 これで「大谷翔平」に関するもの四つがすべて揃った。
 一つでも「値打ちもの」なのに
 揃って全部あるというのは、まさに「宝物」である。
 今夜は久しぶりに出身地・神戸での夜を過ごすとか、
 そこに出掛ける前の我が家での記念撮影である。
     
 わざわざ、ホントに有難うございました。
2023年1月7日

食について   雑感

投稿者 : rfuruya
★ 私自身も歳の割には「食欲旺盛」なのだが、
 娘家族の「食欲」には遠く及ばない。
 昨年12月からその娘家族の「孫・3人」が我が家にやって来てるので、
 我が家の食卓は「サマ変わり」している。
 別に、そんな高価なものを食っている訳ではないのだが、
 その量においては、こんなに沢山食う家庭は少ないのだは無かろうか。
 これは間違いなく娘の亭主ゆずりのDNAであることは間違いない。
 その食いっぷりは量も多いが、兎に角早い。
 これくらい食えると、横で見ていても気持ちがいい。
★ 今夜は家で鍋をした。
 80歳代の夫婦20代の孫二人の「4人の鍋」である。
 ちょっとその材料とその量を写真に撮ってみた。
 肉団子だけでも相当な量だが、鶏肉太めのうどんの量もスゴイ。
  
 野菜だけだはなくて
 かまぼこなどもいっぱいだし、ちくわもある。
 こんな腹にこたえるような材料がいっぱいだが、
 うどんも「太めの特別」なものでその量も半端ではない。
 
 最初は鶏肉と肉団子
 
 それが片付いたところで「うどん」を入れて、
 最後に「かに」で仕上げて
 結構、「旨い鍋」 に仕上った。
 次男は流石に飯は食わなかったが、
 末弟はこれにどんぶりにいっぱいの白飯を食っている。
★ いま8時半である。
 孫二人は9時からの「フットサル」に行くようで、その準備をしている。
 まさに朝から晩までよく動く。
 私は毎日1万歩だが、サッカーをやった時の孫たちは3万歩にもなるようだ。
 二人の孫は、サッカー選手でその運動量がすごいので
 こんなに食っても、太っていないのだと思う。
 若いということはいいことだ。
 こんな我が家の様相もあと5日ほどである。
 11日には二人ともアメリカに戻っていくとまた夫婦二人の静かな食卓が戻ってくる。
2023年1月6日

朝7時からの1時間半

投稿者 : rfuruya
★ 毎朝1万歩のスロー・ジョッギングは約1時間半ほど掛かるのだが。
 今朝は丁度朝7時から8時半までの時間を
 私は「スロー・ジョッギング」孫たちはサッカーとトレーニング
 三木総合防災公園でやって来た。
 日の出の時刻が7時8分なのだが、
 7時からの日の出の様子を写真を撮ってきたのでご紹介してみよう。
 朝7時にスタートした時間は、まだ陽は上がていなくて薄暗い。
 
 7時10分、既に陽は上がってるはずだが、
 山があってまだお日様は見えない。
 7時15分ごろ、ようやく太陽が顔を見せ始めた。
 こんな状況になったのは、
 スタートしてから20分ほど経った頃である。
 朝日の様子は素晴らしい。
 ここは林間広場、歩き始めて40分ほど経っていて、
 歩数にすると5000歩ほどなのだが、
 高台なのでこんな感じである。
 約1万歩を記録したのは、
 1時間半後の8時半ごろだが、太陽は完全に上っている。
 同じ場所からだが、
 ちょっと方向を変えるとこんな感じである。
 そして、同じ場所での孫・二人と私
  
 これで朝の1時間半のスロー・ジョッギングとトレーニング完了である。
2023年1月5日

今年の目標は・・・

投稿者 : rfuruya
★2023年の仕事はじめである。
 別に仕事など持っていない年金生活者だが、
 人生の生き方の目標の一つが「差別化」だったから、
 今年の目標も、ちょっと他人とは違う独特な私自身の目標にしたいなと思っている。
 今年は3月に満90歳になる。
 ホントにこんなに生きるとは思いもしなかった。
 そんな90歳を迎える今年なのだが、
 自分でも不思議に思うほど元気なのである。
 先ずはこの健康体を保ちたい
 そんなことで先ず目標の一番目は「1日1万歩」にしたい。
 昨年は「7000歩」だったのだが、
 「7000歩」はほぼクリアできたので今年はもう一段高い目標とした。
 元旦から四日経ったが、「1万歩」はクリアできている。
 今日は「13021歩」だった。
  
 年末の12月29日から1週間の実績だが、
 7日間の合計は「74593歩」だから
 今週の目標達成度は「107%」なのである。
 先ずは今年の目標の一番は「1万歩」としたい。
 こんな記録はFitbit を時計代わりに付けていることで記録されるし、
 それをネットでこのように表せる便利な世の中である。
 こんなことも自分一人ではできないが、孫が教えてくれている。
★ 今年あたり市の体力測定が復活するかも知れぬが、
 若し復活したら「0歳代」を目指したいし、
 ひょっとしたら「60歳代」と出るかも知れない。
 これは器械が測定するので、「柔軟性=20歳」と出るのは間違いないので
 平均値を押し下げてくれるのである。
 かってはそんなに良くなかった「筋力」も
 77歳から始めた「ダッシュ」のお陰で結構いい値が出るはずである。
★これはいまアメリカから遊びに来ている孫が持ってい「筋肉のマッサージ」なのだが、
 彼の日常を観ているとトレーニングも激しいが、
 その保全にも注力していて、ずっと筋肉をほぐしている。
 彼の持っているこの器械は55000円もするので、
 そんなに高いのは手が出ないが、
 
 Amazonでこんな類似品を選んでくれた。
 これはちょっと小型だが、6000円ほどである。
 振動の強さがちょっと弱いが、90歳の筋肉なら十分である。
 
  そんなことで「筋力の維」も今年の目標の一つにしようと思っている。
★あとは、毎年目標にしているが、達成できていない「体重70kg台
 簡単なようだがこれがなかなかムツカシイ。
 いま年末からちょっと食い過ぎて「83.5kg」もある。
 「82kg」までは簡単に落ちるのだが、そこからがなかなか下がらない。
 昨年は「庭の草抜き」が一つの目標だったが ほぼ達成できたと言っていい。
 今は大きな草は「1本も」とは言えないまでも殆ど庭に草は生えていない。
 この庭仕事の維持に加えて、
 今年は「家の中の整理」を一つの目標にしたいと思っている。
 「家の中の整理」=「不要なものを捨てる」ことだろう。
 かっては「必需品」と思われた本や背広などもいっぱいあり過ぎなので、
 今年は思い切って「捨ててみたい
 これは「捨てればイイ」だけだから簡単なのだが、思い切れるかどうかである。
 「仕事はじめ」の1月4日にこんなことを想っている。
2023年1月4日

今年の新春  雑感

投稿者 : rfuruya
★ 広報三木の新春の裏表紙には「E-デイフェンス」のこんな記事が掲載されていた。
  
 この記事にあるように世界最大の振動実験装置として
 ギネス世界記録にも登録されている。
 この「E-デイフェンス」は毎朝行っている三木総合防災公園の中にある。
 1995年の阪神大震災を契機に、構造物の破壊過程を調べるために、
 2005年に三木に作られたもので、
 そんな防災施設があるので、公園の名前も「三木総合防災公園」と名付けられている。
★毎朝、この公園で約1万歩のスロー・ジョッギングを行っているのだが、
 今朝はこんな記事も出てたので
 「E-デイフェンス」の方向を歩いて写真を撮ってきた。
 
兵庫県の広域防災センターとして「消防学校」なども併設されている。
★ゴルフ場が三つも入るほど広大な公園だから
 1万歩は約7kmなのだが、それを記録するのはいろんなコースがあって
 今朝はこの辺りを選んで歩いてきた。
 冷え込んでいてマイナス1度だったので
 芝生も真っ白に霜が降りていた。
  
これで今年も毎朝1万歩の目標を三賀日の三日間は達成してのスタートであ
る。
★夕方には正月休暇を終わって東京に戻る長男・力也を新神戸まで送ったのだが、
 今年は新神戸駅周辺は車が動かぬほどの混雑で、
 駅までは送らずに近くで車から降ろして戻ってきた。
 昨年・一昨年には考えられなかったような混雑ぶりだった。
 これで力也の正月休暇は終わったが、
 アメリカからの次男・三男は11日までの日本滞在なので、
 あと「1週間」どんなことになるのだろうか?
 明日4日は、三木の高校・中学生の坂k-チームと試合をする
 地元のチームに寄せて貰ってサッカーをするらしい。
 7日からの三連休には息子も鎌倉からやってくるとか言ってるので、
 兎に角、11日までは賑やかな新春が続きそうである。
2023年1月3日

今年はどんな年になるのかな

投稿者 : rfuruya
★2023年の2日目である。
 朝から三木総合防災公園の中をスロー・ジョッギング、
 元旦に続いて1万歩を記録した。
 今年の目標の一つに毎日の歩数7000歩以上を昨年に続いて上げたいと思っている。
 新しい今年の目標を何にすべきかはいま考えているので、
 2,3日中に決めたいなと思っている。
 2日目の午後は孫たち3人が「フットサル」に参加するというので、
 それを観に行った。
 
 もう何年も前から三木の知人に誘われて孫たちが来ると必ず参加する「フットサル」なのだが、
 今回は3人揃っての参加で、これは初めてのことである。
 一般のサッカー愛好者のチームに次男がプロになる前から参加してたので、
 今回もお誘いがあって参加してるのだが、
 次男はすでにプロだし、3男は今はまだ大学現役だから、
 このような愛好者のチームに入れて頂くと、当たり前のことだが、
 一際目立ったプレーをするので見てて楽しい。
 長男は今はすでに日本で就職してるサラリーマンで、肥えてしまってどうかなと思ったのだが、
 かってはやってたサッカーなので結構問題なくやれたのにはびっくりした。
★ このフットサルには次男・真也の日本時代の友人「しゅんちゃん」も参加してたのだが、
 その「しゅんちゃん」も入れて、夕食を焼肉「こさる」で一緒にした。
 写真をいっぱい撮ってきたので並べてみる。
 若いからだとは思うが、それ以上に「よく食う」兄弟である。
 
 
 
 店に入ったのも遅かったからか、
 店を出たのは最後から二組目だった。
 店の方にシャッターを押して貰ってこんな記念写真を撮ってきた。
  
  新春2日目はそんな1日だった。
2023年1月2日

2023年初日は

投稿者 : rfuruya
★孫・3人と一緒に迎えたお正月だが、
 先ずは下の二人の孫と一緒に
 「初詣」と
  
  「初日の出」を観るために
 朝6時半に家を出て、車で雌岡山(めっこさん)の神出神社まで出かけた。
 こんな旧い由緒ある神社で200mほどの山の頂上にある。
 すぐ近くに雄岡山(おっこさん)もあって、ちょっとこの辺りでは知られている。
 
 初詣の人たちが「初日の出」を写すべくこんな情景なのである。
    「初日の出」を写そうとする人たちはこんなに大勢なのだが、
 確かにこれは2023年の一瞬の出来事なのである。
 時間は正規には7時7分とあった。
 孫と3人こんな風にカメラに収まった。
  
 そのあと三木総合防災公園に場所を移して
 孫たちは「サッカーのは初蹴り
 私は周辺を「1万歩のスロー・ジョッギング」で、
 今年の幕は開けた。
  
 昼からは孫たちは本家の神戸に行くと出かけて
 私は彼らを駅まで送って、
 その足で明石の長寿院まで墓参りに行ってきた。
  
 いつもは「父の命日」が1月2日なので、2日に行くのだが、
 元旦に行ったら、すぐ上の「人丸神社」は大変な初詣で順番を待つ人で
 道路は人と車の列が大変だった。
 私自身は「初詣」などあまり経験はないのだが、
 世の中一般の方がこんなに沢山行かれるとは、今まで知らなかった。
 人生90歳にして初めて出会った光景だった。
 そんなことで2023年の初日は開けたのである。
コメント

2023年1月1日

明けましておめでとうございます

投稿者 : rfuruya
 明けましておめでとうございます。
 2023年の幕開けです。
 かっては、こんな書初めの真似事みたいなこともやってましたが、
 昨今は、何となくずぼらな新年を迎えています。
 今年は90歳になりますので、
 それも仕方がないのかも知れません。
   
  そんなに前ではないと思いますが、
 「燦々と輝く活動を」と書けた年が懐かしい歳になりました。
   
  果たして90歳代はどんな生活が待っているのでしょうか?
  昨年は孫・古谷仁と過ごした新年でした。
 これは少し前、娘家族のいるカリフォルニアでの写真です。
  シャッターを押してくれたのは娘です。
 
 今年の新春はその娘のほうの孫たち3人が遊びに来ています。
 これが長男と次男、
 
 そして大晦日にはアメリカから三男・門野哲也がやってきました。
     
  2023年は賑やかな幕開けになりそうです。
  今年も精一杯頑張って生きたいなと思っています。
2022年12月31日

志染の石室 と 六地蔵

投稿者 : rfuruya
★1年間殆ど毎朝お世話になった「三木総合防災公園」だが、
 この公園に隣接してというか、中にあると言ってもいい位置に、
 「志染の石室 と 六地蔵」はある。
 孫・門野真也は行ったことがないというので、案内してきた。
 彼が毎朝10本の「坂道ダッシュ」をする坂道を更に下ったところにある。
 「志染の石室」とはこんなところである。
 
 短い歴史のアメリカに住んでいる孫にとっては
 アメリカではこんな遺跡は観られない。
 石室の中にはこんな黄金の水が常に溜まっている。
 
 今は公園のほうから簡単に行けるのだが、
 昔は逆に里のほうから山道を登って
 こんなところに二人の天皇になられた方が身を潜めたというから
 不思議なことである。
 
志染の石室」と検索するとこんな説明文が現れる。
 志染の石室しじみのいわむろ)は、兵庫県三木市にある説話伝承地。
『播磨国風土記』美嚢郡志深里(しじみのさと)条によると5世紀頃、皇位継承争いで雄略天皇派に殺された市辺押磐皇子の二人の王子、後の23代顕宗天である袁奚と後の24代仁賢天皇である意奚の兄弟は志深(志染)の石室に隠れ住んだとされる。(『日本書紀』では「縮見山石室」と表記)。
ひかり藻が生息する石室の湧水は水面が金色に輝くことから「窟屋の金水」と呼ばれる。
この現象は永らく観察できていなかったが、2002年頃から再び見られるようになった。
★「志染の石室」は公園のホントに外れの位置にあるのだが、
 「六地蔵・どっこいさん」は公園の中にあると言ってもいい。
 こんな感じだが、
 
  こんな説明版に詳しく説明されている。
 新興住宅や新しい公園のすぐ横にこんな旧い遺跡があるのが三木である。
2022年12月30日

孫とのいろいろ  雑感

投稿者 : rfuruya
★ 世の中に「ネット」というものが出来て、
 私自身の生活も定年後一変したと言っていい。
 ただ70歳を過ぎてからの独学で、勝手に覚えたものだから、
 「できることは出来る」のだが、
 「新しいこと」「できないこと」はなかなかムツカシイ。
 今はアメリカから孫が来てるので、いろんなことを教えて貰っている。
 写真のアップは大体できるのだが、
 動画のアップはなかなかムツカシイ。
 Facebook にはできるのだが、
 このgooのブログにアップするのが出来ないのである。
 かって「ニコニコ動画」でやってた時代は出来たのだが、
 パソコンが新しくなり、スマホで写真や動画を撮るようになってからは、
 どうしても取り込むことが出来ないのである。
 そんなことはないのだと思うが、それがダメなのである。
 これはFacebook にアップした動画だが、
 動画がアップできないので
 Facebook 自体をコピーしてみたので、
 ご覧になってみて下さい。
 来年は90歳になるのだが、これくらいの速さで「ダッシュ」が出来てるのが自慢なのだが、
 これも孫が伴走しながら撮ってくれ動画の一部である。
    
 
★昨日は孫二人と公園にトレーニングに出掛けた。
  
 次男は動画でもあるようにいろいろやってるが、
 彼のやる「筋トレ」はちょっと真似ができない。
 こんなことや
   
  こんなことをいとも簡単にやってもける。
  
 年末に孫たちがやって来て
 ホントに生活が一変なのである。
 大晦日にはアメリカから末弟・門野哲也がやって来て
 3人兄弟が揃うのだが、賑やかな新春になるのだろう。

団体会員プロジェクト

  • World Good Riders Association
  • 燦々sunsun
  • 孫文を語る会
  • 二輪文化を伝える会
  • KAWASAKI Z1 FAN CLUB
  • シーズカンパニー「リモア友の会」
  • e-音楽@みき
  • ベストコレクター友の会
  • カワサキZの源流と軌跡 - 三樹書房

団体会員リンク

  • ボランタリー活動プラザみき
  • e-音楽@みき
  • 緑が丘子ども会
  • グリーンピア三木
  • 神戸市立フルーツ・フラワーパーク
  • ホシノインパル
  • 船場
  • SEAZ COMPANY
  • カワサキマイスター
  • JSP明石
  • インターナショナルトレーディングムラシマ
  • スポーツイン
  • 忍者
  • 紙の単車屋
  • ハルタ
  • YRS 山本レーシングサービス
  • 株式会社 武雄タクシー
  • 月木レーシング
  • ノヴァエネルギー
  • インナー通販.com
  • ライオン屋本店
  • 三木さんさんまつり
  • 三木セブンハンドレッド倶楽部
  • ベストコレクター
  • エクステリア風雅舎
  • cafe' かのん
  • 【光削】AIネットワーク
  • 三木アネックスパーク
  • バイクショップTODA
  • TRカンパニー
  • バニービーチ
  • モトビークル-松島企画
  • オレンジワークス
  • 吉野歯科診療所
  • SUZUKI design - DENICO
  • 山本医院
  • 仔猿-CKデザイン
  • スクーテックジャパン株式会社
  • 株式会社北海製作所
  • リアライゼイション
  • 兵庫メグロ販売株式会社
  • 伽耶院
  • 株式会社キッズ
  • はっぴいえんどプロジェクト
  • 有限会社橋本漆芸
  • TONE BLUE
  • プロショップKIYO
  • ホーリーエクイップ
  • 株式会社零カスタム
  • フォレスト・ホームズ
  • いとうともひさ
  • DANTHREE
  • 放射能ウオッチャー
  • メディアゼロ:カスタムインフェクション
  • Miyako Hybrid Hotel
  • 有限会社 小金井美装
  • WITH ME PROFESSIONAL RACING
  • 孫文を語る会
  • SSS進学教室 緑が丘教室
  • MJP株式会社
  • モトショップシロタ
  • SR400 500 SNS
  • 池田うららプロジェクト
  • 公共の交通ラクダ(RACDA)
  • 二輪文化を伝える会
  • NPO法人発達障害をもつ大人の会
  • 菊水鮓西店
  • きっとウマくいく輪
  • O's Organizational Synergy
  • 72.姫路カワサキ
  • 73.菊澤デザイン事務所
  • カワサキZの源流と軌跡 - 三樹書房
  • ヤマダホーム有限会社
  • うはら特許事務所
  • テラモーターズ
  • AT HOUSE, Inc
  • World Good Riders Association
  • LIME GREEN FAN CLUB
  • 株式会社モリワキエンジニアリング
  • 燦々
  • キッズサポートクラブ
  • 仮面舞踏会
  • 山百合サポートセンター
  • KSSR 神戸スーパースポーツレーシング
  • 神姫興業株式会社
  • 浅間 RIDERS CLUB
  • 弦 Gen Hair Works

リンクはご自由にどうぞ。このリンクバナーをご利用下さい。
ザ グッドタイムス