2020 11月

2020年11月12日

Z1について思うこと  雑感

投稿者 : rfuruya
★ 昨日11月11日は、私にとっては『今年3回目の』多分『今年最後の
 ゴルフになるであろう『Z1会』のゴルフだった。
 
 最近はゴルフの回数は減っているのだが
 それにしても今年はコロナ問題が加わって、さらに回数が減ってしまった感がある。
 そんな年3回しかやらなかった今年のゴルフだったのだが、
 その3回とも大槻幸雄さんとご一緒というか、大槻さんが会長をされている
ゴルフコンペばかりに3回参加しているのである。
 そういう意味では今年のゴルフは大槻さんと密接に関係があったのだが、
過去を振り返ってみると、不思議な気もするのである。
今は大槻さんは90歳、私もあと4ヶ月で米寿を迎えたりするのだが、
大槻さんとは60年も前、川崎航空機時代の単車の創生期のレース関係で繋がったのである。
その当時の大槻さんは『レース一筋』でゴルフなどして遊んでいるのはケシカランと言われていたので、
私がゴルフを始めるたのが42歳と遅かったのも『大槻さん』が関係しているのかも知れないのである。
それがいつの頃からか、ご自身がゴルフをおやりになるようになってからは滅茶熱心で、
この『Z1会のコンペ』も当初は大槻さんがおられた技術部のコンペだったのだが、
いつの間にか私など営業部門も入れて頂いて、
昨日が第74回目のコンペだから、ホントに延々と続いているのである。
最近はZ1会のメンバーもどんどん枠が広がって、
レース関係者などは勿論、女性も、Zのユーザーたちも加わって本当に楽しいコンペになっている。
ただ、大槻さんも90歳になられて流石にワンラウンドが大変なようで、
後半になるとスコアが乱れたりするので、ご本人もちょっと自信喪失気味なのだが、
このコンペから大槻さんが抜けることはなかなか考えにくいので、
来年あたりから、何か新しい大槻ルールでも考えたらと思ったりもしている。
今回のコンペでは、昨年大槻さんが受賞された日本自動車殿堂入りの記念品が参加者全員に配られたりもしたのである。
この受賞も世界の名車Z1の開発の功績によるものなのである。
   
それは時価7000円もするこんなチタンガラスの立派なグラスなのである。
 
★こんな立派な記念品がZ1会会員に配られる、大槻さんとはそんなに密接な関係で繋がっているし、ホントに明るく楽しいい会なのである。
 既にFacebookには参加者の記事がいっぱいである。
   
 ただ、90歳の大槻さんがいつまで実際にプレーできるのかは、自ずと限界もあるのだろうし、
昨日の会合の締めのご挨拶でも
このZ1会がいつまでも続くように』と大槻さんはご挨拶されたのだが、
具体的にどのような形で』ということを考えることが必要かなと思ったりする。
★ カワサキZ1は1972年の発売なので、
もうすぐ発売50周年を迎えることになる。
  
 その車そのものは、まだまだパリパリの現役で、世の中を走り回っているのである。
Z1会』もまた、車に負けないようにどんどん盛んになっていくことを願うのみなのである。
果たして、来年はどんな『Z1会』になっていくのだろう?
2020年11月10日

三木山森林公園をスロー・ジョッギングしてきた

投稿者 : rfuruya

★昨日は三木総合公園にある三木市総合体育館のジムでにトレーニングに行ってきた。

 1時間ほど筋力トレーニンをしたあと、
 直ぐ隣の『三木山森林公園』でスロー・ジョッギングを楽しんできた。
 『三木山森林公園』と『三木総合公園』はこんな位置関係にあり、
 隣というか、道を挟んで東西なのである。
 
 森林ばかりで何もないように見えるが、そんな自然いっぱいの公園なのである。
 孫たちが小さい頃はよく来てたし、犬がいたころは散歩もしょっちゅうだった。
 三木には大きな公園が幾つもあるが、その中でも『一番好きな公園』である。
 写真をいっぱいとってきたので、通った順にご紹介してみよう。
 向うの建物が三木総合体育館なのだが、
 その前の駐車場に車を止めたまま、三木山森林公園に向かったのである。
 森林公園に向かう道から、三木総合公園を見下ろしたところ。
 この公園もスポーツ施設がいっぱいで結構広い。
 これは三木山森林公園の上の方にある広場、
 芝生も広いし、今は紅葉も綺麗である。
 この奥には子どもたちの遊び道具や木工教室などもある
 『ウッディ広場』などもあるのだが、
 さらに進むとこんな林の中の道になって、
 こんな道が縦横に走っている公園なのである。
 こんな展望台もあるのだが、
 開城以来25年も経って、木が大きくなって
 下の芝生広場が見えないし、
 こちらの展望台からは柱の横の上の写真のように三木市街が見えていたのに、
 今はほんの少しが見えるだけになっている。
 これは東の方、右の山波が神戸の『六甲山脈』
 左の少し大きく見えてる山は『丹生山』これも神戸なのである。
こんな森の中のメイン道路には
 茶室などもあったりするのだが、
 
 その先の道で、『古谷さんじゃないですか?』
 と声を掛けてくれたのは、川崎航空機ー川崎重工業と同じ道を歩いた『岡崎くん
 殆ど毎日散歩に来ているのだとか。
  
 いま76歳だそうだが、元気そうである。
 私も色濃く関係した、開発途上国市場のインドネシアに10年もいたという。
 そんな昔話などにも花が咲いて、ちょっと懐かしいひと時だった。
★  『また、お会いしましょう』と別れてきたのだが、
 私は人生、特に現役時代は『八方美人』で過ごしてきたので、
 どなたとお会いしても、『昔のままに』お話しできるのは特技と言えるのかも知れない。
 結構、年の開いた方でも大丈夫なのである。
 今日は、長くお会いしていないジェットスキーで関係のあった
 『福井昇くん』が家にやってくる。
 先日、懇意にしてくれた仲間たちに配ったのだが、
 特に、日本で初めてカワサキのジェットスキー展開にスタート時点に
 『力を貸してくれた福井昇・藤田孝明・潤井利明くんの3人のために残している、
 大槻幸雄さんの殿堂入り記念品をお渡ししようと思っているのである。
 因みに言うと
 ジェットスキーのスタート時に手伝ってくれた人は、このほかにも
 渡部達也・吉田純一くんなどもいるのだが、
 このお二人はゴルフ・コンペZ1会の方で配布されるのである。
 もう定年になって20年にもなるのに、
 『いろんな方たちとのお付き合い』が続いているのは幸せなことである。
2020年11月8日

継続は力なり  その2 運動

投稿者 : rfuruya
★子供の頃から『体を動かす』のは好きだった。
好きこそものの上手なれ』と言うが『体を動かすこと』は得意だった。
小学校時代は走りも早かったし、相撲も強かった。
戦後日本に戻ってからは、日本国中野球が盛んで中学校から大学まで『野球に熱中』した。
ただ確かに続いてはいたが『継続』という意識はなかったのである。
社会人になってからは、『草野球』などはやっていたが、そのうちにさっぱり運動はしなってしまった。
体を動かす』のは40代に始めたゴルフぐらいで、50代以降は『会社の仕事』が忙しくてというより自分で勝手に忙しくして、
60代後半は『身体の状態は最悪』の状況だったのである。
★定年を迎えた『68歳の頃』は膝や腰が痛くて、ずっとマッサージや整形外科に通い詰めていたのである。
そんなある日、整形外科の先生に『こんな電気治療などして治りますか?』と聞いたら、
治らないね。時間が出来たのだから、ストレッチでもしたら
筋肉は何歳になっても付くから』と仰るのである。
 この一言で、私の『毎日の生活』が一変したのである。
 その『ストレッチ』は『もう17年』も続いている。
★ 昨日は『継続するもの』として『日記』のことを書いたが、それに続くものが『ストレッチ』なのかなと思う。
ストレッチ』をやり始めて感じたのは『結構な時間』が掛かるのである。
整形外科の先生が『時間が出来たのだから』と言われた意味がよく解った。
 私の『ストレッチ』は朝目覚めた布団の上でやってるのだが、
 最初は確か30分ぐらいだったのだと思うが、それが『40分』になり今は『50分から1時間近く』にもなっている。
ストレッチと言えば『イチロー』が試合前に2時間近くもやるのが有名だが、
ホントに、結構時間が掛かるのである。
 
1日に1ミリ伸ばせば、1年には36cm伸びる』と
整形外科の先生は言われたのだが、とてもそんなには伸びないが、
17年も続けたら36㎝ぐらいは伸びて、イチローと同じぐらいの体勢はとれるのである。
まさに『継続は力なり』なのである。
 
★ これが79歳の時、三木市の『体力測定』の記録である。
  ストレッチのお陰で『柔軟性=20歳』と出て
  『体力年齢=42.8歳』と出たのである。
   
 これに気を良くして、
 この頃から『50メートルダッシュ』を始めたりしている。
 はじめは上手く走れなかったが、この年になっても年々上手く走れるようになって
 『ホントか?』と思われるかも知れぬが今が一番上手く速く走れている
 これが85歳の時の『体力測定』だが
 『体力年齢=53歳』と出て柔軟性に加えて敏捷性5点満点なのである。
  
 この頃から『ジム・トレーニング』を新たに加えたし、
 『スロー・ジョッギング』もやり出した。
 最初は15分ほどしか続けて走れなかったが、
 それが30分になり、今は1時間は走れるようになっている。
継続期間は短い』がやりかけたものは、みんな続いている。
 今年は、コロナで『体力測定』はなかったのだが
 もしやってたら、『50歳台前半』は自信があったのだが、残念である。
  
こんな『環境』と『有り余る時間』が私の『運動の継続』支えてくれている。
もう一つは『継続の意志』なのだろうが、
これは『やりかけたら続く』そんな性格なので大丈夫だと思っている。
2020年11月6日

三木総合防災公園で走ってきた

投稿者 : rfuruya

三木総合防災公園で走ってきた

2020-11-06 05:59:46 | 日常生活、園芸、バラ
★先週から三木総合体育館でのジム・トレーニングを再開したために
『三木総合防災公園』をちょっとご無沙汰してたのだが、
 昨日はカメラを持って、秋の防災公園を撮影しながらスロー・ジョッギングを楽しんできた。
 何度かご紹介しているが、こんなに広大な公園である。
 大きさを表すのに『甲子園が幾つ』というのがあるが、
 それでは数えようがないほどの広さで
 『ゴルフ場が3つ』ぐらいは入る広さなのである。
 
 昨日はこんなルートで約1時間ちょっとスロー・ジョッギングして
 その後休み休みだがダッシュを10本して戻ってきた。
 Fit bit の記録によると
 ●『1万歩ちょっと、約8km
 ●『1時間20分
 ● 消費カロリーは1400にもなった
  
★ どんなところを走ってきたのか?
まずは車を止めた横から、朝8時10分、気温7度
 競技場の横からスタートした。
 正面の丹生山(神戸市)を観ながらちょっと下って
 右に曲がって坂道を登って、競技場の正面の道を
 突き当たって右に曲がると入口の交差点がある。
 入口の右の道を上ると
 
こんなゲートボール場に出る。
 この辺りが一番高くて、そこからはなだらかな下り坂
 
こんなところを向うから走ってきたのである。
入口の駐車場を右手に見て、まだ車はそんなに止まっていない。
ここまでが約20分。
右に曲がると橋がありその向こうが『屋内テニスコート・ビーンズ・ドーム
芝生があちこち、掘り返されているが、これは『イノシシの仕業
 橋の上から北を望むとこんな風景、山すそを走ってるのが中国道
この道の右も左も防災公園、これは中国道の三木東入口に繋がっている。
これがビーンズドームからの戻り道で、この先がスタート地点なのである。
★ここまで公園の南西部の一部なのだが、約『35分
 汗をかいたので給水と上のセータ―を脱いで、後半はシャツイチでスタート
 後半は北の方にあるサッカーコートの周りを走る。
 
なだらかな下り坂、紅葉の並木道、来週には葉がなくなるだろう。
下から見るとこんな眺め、
野球場を左に観て
なだらかな上り道、歩いたり、ジョッギングしている人もいるのだが、
広いのでなかなか出会わない。
 坂を上り切ると、今修理中の競技場、向うの建物は『E・ディフェンス
 NHKのテレビなどで『建物の地震実験』などやってる。
 競技場を裏から眺めながら一周し
競技場を右手に見ながら、なだらかな上り道。
そして車を止めてた、駐車場に、
走りだしたときは2台だった車も、ちょっとその数が増えている。
★これで スロー・ジョッギング終了。
 1時間約8キロは、結構長いでしょう。
 スロー・ジョッギングだから息が続くので、
 普通のジョッギングなら私はダメだが、走ってる人はいっぱいいる。
 このあとちょっと場所を移って
 こんな広場の中の周回路を休み休みだがダッシュ10っ本。
 
 こんな周回路があって、ベンチがあるので
 休みながら走っている。
 初めて、自分のために写真で纏めてみた。

団体会員プロジェクト

  • World Good Riders Association
  • 燦々sunsun
  • 孫文を語る会
  • 二輪文化を伝える会
  • KAWASAKI Z1 FAN CLUB
  • シーズカンパニー「リモア友の会」
  • e-音楽@みき
  • ベストコレクター友の会
  • カワサキZの源流と軌跡 - 三樹書房

団体会員リンク

  • ボランタリー活動プラザみき
  • e-音楽@みき
  • 緑が丘子ども会
  • グリーンピア三木
  • 神戸市立フルーツ・フラワーパーク
  • ホシノインパル
  • 船場
  • SEAZ COMPANY
  • カワサキマイスター
  • JSP明石
  • インターナショナルトレーディングムラシマ
  • スポーツイン
  • 忍者
  • 紙の単車屋
  • ハルタ
  • YRS 山本レーシングサービス
  • 株式会社 武雄タクシー
  • 月木レーシング
  • ノヴァエネルギー
  • インナー通販.com
  • ライオン屋本店
  • 三木さんさんまつり
  • 三木セブンハンドレッド倶楽部
  • ベストコレクター
  • エクステリア風雅舎
  • cafe' かのん
  • 【光削】AIネットワーク
  • 三木アネックスパーク
  • バイクショップTODA
  • TRカンパニー
  • バニービーチ
  • モトビークル-松島企画
  • オレンジワークス
  • 吉野歯科診療所
  • SUZUKI design - DENICO
  • 山本医院
  • 仔猿-CKデザイン
  • スクーテックジャパン株式会社
  • 株式会社北海製作所
  • リアライゼイション
  • 兵庫メグロ販売株式会社
  • 伽耶院
  • 株式会社キッズ
  • はっぴいえんどプロジェクト
  • 有限会社橋本漆芸
  • TONE BLUE
  • プロショップKIYO
  • ホーリーエクイップ
  • 株式会社零カスタム
  • フォレスト・ホームズ
  • いとうともひさ
  • DANTHREE
  • 放射能ウオッチャー
  • メディアゼロ:カスタムインフェクション
  • Miyako Hybrid Hotel
  • 有限会社 小金井美装
  • WITH ME PROFESSIONAL RACING
  • 孫文を語る会
  • SSS進学教室 緑が丘教室
  • MJP株式会社
  • モトショップシロタ
  • SR400 500 SNS
  • 池田うららプロジェクト
  • 公共の交通ラクダ(RACDA)
  • 二輪文化を伝える会
  • NPO法人発達障害をもつ大人の会
  • 菊水鮓西店
  • きっとウマくいく輪
  • O's Organizational Synergy
  • 72.姫路カワサキ
  • 73.菊澤デザイン事務所
  • カワサキZの源流と軌跡 - 三樹書房
  • ヤマダホーム有限会社
  • うはら特許事務所
  • テラモーターズ
  • AT HOUSE, Inc
  • World Good Riders Association
  • LIME GREEN FAN CLUB
  • 株式会社モリワキエンジニアリング
  • 燦々
  • キッズサポートクラブ
  • 仮面舞踏会
  • 山百合サポートセンター
  • KSSR 神戸スーパースポーツレーシング
  • 神姫興業株式会社
  • 浅間 RIDERS CLUB
  • 弦 Gen Hair Works

リンクはご自由にどうぞ。このリンクバナーをご利用下さい。
ザ グッドタイムス